海外研修レポート - Singapore2018

2020-04-03 (Fri)

海外研修レポート Singpore 2018

RASA タイ本社です。

この記事を執筆しているのが2020年3月なので、既に1年半以上前のことになりますが・・・

弊社に興味を持ってくれた方からよく聞かれる、「海外研修ってなにするんですか?」という質問にお答えすべく、2018年9時に実施したシンガポール海外研修についてご紹介したいと思います。

RASAの海外研修とは?

簡単に言うと、世界各国で開催されるカンファレンスイベントに参加するため、タイからさらに別の国に社員全員で行く活動行事のことです。

カンファレンスには、一般的に「講義・会議」という意味がありますが、私たちが参加するWEBマーケティング、SEO関連のカンファレンスイベントでは世界で活躍するマーケターに登壇してもらい、私たちは彼らの話をインプットします。

参加人数やイベント内容次第では、当日イベントに集まったWEB業界の方と交流することもできますよ。

なぜカンファレンスに参加するのか?

私たちがカンファレンスに参加する一番の目的は、WEBマーケティング業界における最新の情報をキャッチすることと、自分たちのセオリーとの照合を行うことです。

皆さんの手の中のガラパゴスケータイ(いわゆるガラケーですね)がスマートフォンへ変わったように、WEBマーケティング業界のトレンドも1日単位で目まぐるしい成長と変化を遂げています。

WEBマーケティングにおいて何が絶対か?と言う一般的なセオリーもなく、日々業務を通して仮説を立て、社内独自のセオリーを作る日々ですので、最先端のマーケティングの話を聞くことは私たちにとってとてもとても重要なことなのです。

自分たちの予測とのギャップがあった場合、早急に穴埋めすることで会社としての次の動きがいい方向に変わることだってあります。

カンファレンスに参加するための資格はあるの?

必要な資格は特にありません。

上記のような言い方だと少し語弊を生むのでもう少し詳しく話すと、RASAで日々頑張ってくれているメンバーが全員で行けるようにしています。

なぜなら、マーケティングスキルのブラッシュアップはもちろん、タイ以外の国で刺激を受けて欲しいという思いがあるからです。

ただ、しいて必要なものがあるとすれば異国の地で一人迷子になったとしてもどうにかできるサバイバル力(仮にも大人ですので。)とカンファレンスの話を聞くための基本的な英語力があるといいのではないかなと思います。

渡航中について

カンファレンスイベントは、一般的に1日〜2日にかけて平日に開催されることが多いです。
そのため私たちも開催日に合わせて現地に向かいますが、その前後に数日の余裕を持って現地に滞在するようにしています。

確保した日が営業日の場合は、現地のカフェやコワーキングスペースでいつもと同じように仕事をするようにしています。(パソコンとWiFiさえあれば仕事ができますので)

例えば、こんな感じ。

当時RASA ASIA入社5ヶ月目のK君 シンガポールのコワーキングスペースでも真剣

また休日の場合は、せっかくの機会なのでみんなで現地の観光地を訪れたりしています。

(カンファレンスの日程など状況によって難しい場合もありますが、メンバーがせっかくの海外観光を楽しめるようにできるだけ休日に被るようスケジューリング頑張ってます!笑)

2018年のシンガポール研修では、コワーキングスペースで仕事し、終了後みんなでマリーナベイにマーライオンを見に行って夕食を食べたり。

カンファレンス後、マリーナベイサンズのビュッフェで食事をしたり。

私たちの海外研修では仕事もしっかりしますが、楽しむときはしっかりと楽しめるような工夫もしています。そしてそれが年に2〜3回。

ちょっとした社員旅行のようなものが年に2〜3回あると思うと、ワクワクしちゃいますね。

以上、RASA ASIAの海外研修について紹介させていただきました。

一見、カンファレンスなんてどこで開催しても同じではないか?と思われてしまうかもしれませんが、様々な国を訪れることで現地に行かなければわからなかったその国の文化や習慣を感じることができるのが海外研修の良さです。


実際に参加したメンバーからは、今まで自分の中にあったイメージと全然違ったというフィードバックも実際に受けています。

このように頭に中の固定概念という「蓋」を外す作業は、価値ある選択肢を届けることを目指している私たちにはとても重要なで必要な作業です。

これからも会社全体として様々な体験ができるよう、引き続き海外研修を行っていきたいと思います。